まずは絶叫系から

国内で最高峰のエンターテインメントを体感できるパーク。それがディズニーランドです。誰もが童心に戻れる、まさに夢の国。そんなディズニーランドでのお楽しみと言えば、まずはミッキーやミニーなどのキャラクターとの触れ合いでしょう。ショーやグリーティングは、まさに時を忘れてしまうほどです。そしてディズニーランドのもう一つの魅力、それは様々なアトラクションです。では、そのおすすめアトラクションを紹介します。

日頃のストレスを発散するには、大きな声をあげ、叫ぶのが一番。そういう意味でも絶叫系のアトラクションが人気です。その中でもおすすめなのが「ビッグサンダー・マウンテン」です。ゴールドラッシュが過ぎ、廃鉱となった鉱山を暴走列車が駆け抜けるというローラーコースタータイプのアトラクションです。開園当初はディズニーランドの中で最も人気の高かったアトラクションで、その人気は今も衰えることなく平日でも60分待ちができるほどです。

他にも絶叫系アトラクションで人気なのは「スプラッシュ・マウンテン」と「スペース・マウンテン」です。「スプラッシュ」は丸太のボートでの急流下り、「スペース」は宇宙空間を走っていくローラーコースターで、どちらも目一杯大声をあげることができます。日頃の鬱憤をここで晴らすのもいいでしょう。

 

 

絶叫系が苦手な方は

ディズニーランドには、様々なアトラクションがありゲストたちを楽しませてくれます。ビッグサンダー・マウンテンなど絶叫系と呼ばれるアトラクションは、長い行列ができるほど人気がありますが、そうした絶叫系が苦手な方も多いのです。では、絶叫系ではないアトラクションでおすすめなものを紹介します。

まずは「カリブの海賊」です。これは、ウォルト・ディズニーが設計に携わったものとしては最後のアトラクションになります。ボード型のライドに乗って、カリブの海賊の冒険を間近で体感できるもので、後にこれを原型として映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」が作られました。また、同じようなライド型のアトラクションとして人気なのが「プーさんのハニーハント」です。蜂蜜を入れる壺に乗って、ディズニーアニメ「くまのプーさん」の舞台である森を冒険するアトラクションで、その動きに特徴があります。

その他におすすめなのが「イッツ・ア・スモールワールド」でしょう。これはウォルト・ディズニーの理念をそのまま形にしたディズニーを代表すると言ってもいいアトラクションです。世界各国の子どもたちが、その国の民族衣装を身にまとい「小さな世界」を歌い、それを聞きながら世界を旅するというもの。笑顔は国境を超えて人々を一つにしてくれます。まさにディズニーの真骨頂です。

ディズニーランドに行こう

国内で最も来場者数の多いパーク。それがディズニーランドです。ミッキーやミニーなどの人気キャラクターがゲストを迎えてくれます。ここに来れば誰もが笑顔になり、夢の国にどっぷりと浸かることができるのです。さて、そのディズニーランドですが、色々なアトラクションが楽しめるというのも人気の理由でしょう。このサイトでは、おすすめのアトラクションについて説明します。

ディズニーランドには様々なアトラクションが用意されています。開業当初からあったものや、新しく加わったものまで、どれをとってもゲストを充分に楽しませてくれるものです。そんな中から、まずは絶叫系のおすすめアトラクションを紹介します。トップ3は「ビッグサンダー・マウンテン」「スプラッシュ・マウンテン」そして「スペース・マウンテン」となります。ローラーコースターやボート型のアトラクションで、まさに絶叫するためのものと言えます。

さて、そんな絶叫系ですがやはり苦手な方もいます。そんな方におすすめのアトラクションですが、まずは「カリブの海賊」です。こちらは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界を体感できるものとして人気が高いです。そして他にも「プーさんのハニーハント」や「イッツ・ア・スモールワールド」なども、行列ができるほど高い人気を誇っています。絶叫系にしても、絶叫系以外のものにしても、やはりディズニーのアトラクションは日常を忘れさせてくれます。すべてを忘れてディズニーアトラクションを楽しんでください。